チャージバルブ


凍傷になる危険を、身をもって味わう
チャージバルブ無しでは、不安になる。

チャージバルブ

上は
BBK ECO バルブ<EV-C>
常用圧力:5.5Mpa(耐圧対応)
<新構造により、テフロンパッキンを
採用しました。パッキンが飛ぶことがありません>
と記載されている。
下は
BBK コントロールバルブ A44000S

上下共におススメのチャージバルブだ。

BBK コントロールバルブ A44000S はパッキンが飛ぶ事がある。
なのでBBK パッキン CVP345常備している。

パッキン交換には
イチネンTASCO TA175A パッキンチェンジャー が役に立つ。

無くても、何とかなるが、有れば便利だ。

また
チャージバルブは、価格に惑わされず
良い物を使う事をおススメする。

チャージバルブ は使い方モノによってはムシを壊してしまったり
全く使えない場合もある。

ムシをダメにしてしまった時の事を考えて

TA230-1TA230-10H は常備している。
ただ、これだけでは何ともならないので

長めの、コアリムーブドライバー も必要だ。

先端の形状



イチネンTASCOからも
TA508D コアリムーブドライバーが出ている。

TA508D

これらは
チャージバルブ
コアバルブ(ムシ)
セットで持っていると
いざというとき、慌てなくて済む。

ちなみに、ムシが付いているのは
サービスバルブ(ポート)の内部・・・、分かりますよね。