業務用掃除機



業務用掃除機は
ハウスクリーニング屋のイメージキャラクターのような存在?
持っているだけで、プロっぽい。

業務用掃除機
VC-1250

集じん容量(L):21/吸水量(L):18
最大真空圧(kPa):25/消費電力:1150W
吸込仕事率:280W/乾湿両用

リョービの業務用掃除機 VC-1250 を使っているが
吸引力はもう少し強い方が良いと感じている。


諸先輩の多くは日立の業務用掃除機を使っている。

CV-G95K

吸込仕事率::370W/消費電力::1050W
集じん容積::5.5L

ハウスクリーニング程度では VC-1250
集じん容量:21Lは過大だった。
それよりも、 CV-G95K
吸込仕事率::370W を選ぶべきだった。


ちなみに、リョービの業務用掃除機 VC-1250
別売りのカートリッジフィルターと高性能フィルターは必須。
本体とは別に用意する必要がある。



日立の CV-G95K も布フィルターは付属していない。
使った事が無いので何とも言えないが
CV-G95K を使っていれば
多分、試しに布フィルターも使うだろうと思われる。

サイズ:広げた状態:幅330×奥行330×厚み約10mm
重量:約142g
素材・材質:合成繊維、PVC
製造国:日本




ハウスクリーニングなら
どのメーカーのどの 業務用掃除機 でもそこそこ使えるだろうが
キッチリ完璧なハウスクリーニングを目指すなら
日立の業務用掃除機が良いのかもしれない



余談だが
小規模の建築現場等に行くと、何でも彼んでも吸引しろと言われる。
なので、箒と塵取りで取れる塵は取るようにして
個人の大切な業務用掃除機に無理をさせない様に心掛けている。

掃除屋の道具は、ほとんどが消耗品扱いだが
大切に使って長持ちさせたいものだ。