ベンダー

2分3分のペアコイル(銅管)や
2分4分のペアコイル(銅管)を
曲げるときに使う。

ベンダー
TA510GB

車内に常備しているのは
3分4分内部差込式(樹脂製)だ。
長さ:4m
使い方:フレアを作ってから差込む
(4mは長過ぎなので適当に切って使っている。)

ベンダーを使わずに
ペアコイル2分内側にして、丁寧曲げれば
座屈する事はほぼ無いが、古い隠ぺい配管の場合などなど
曲げが厳しい状況は、ままある。

そんな時、座屈させてしまってからでは遅いので
ベンダー
<とりあえず、使う>というスタンスだ。 


最初の頃は、ついつい・・・

TA540A-3

適合銅管:3/8"(9.53)
曲げ半径:23.8
全長:335mm
重さ:986g

とか

TA540
TA540A-4

適合銅管:1/2"(12.70)
曲げ半径:38.0
全長:462
重さ:1580g

が必要な時が、必ず有ると信じて購入。

今は、レンタルボックスの中で眠っている。
きっと、日の目を見る事は無いだろう。


実際に現場で使っているのは
2mに切った4分用の座屈防止材
TA510-4 1/2用 300mm

TA510-4 1/2用
  • 適合銅管:1/2″(12.70)用
  • 全長:300mm



4分室内カバー施工時
銅管の差し込むのか
被覆を切って外側に差し込むのか・・・。

どっちもどっちでは抜き辛い
トータルで見ると作業がはかどる
座屈を気にせずクイックイッとやれるのは爽快だ。

抜くときは、スプリング式は回しながら抜くのが基本だ?




-