寸切り



寸切りは、いわゆる全ネジボルトを切断した物。




団地では、室内機の背板を固定する金具が
予め壁に付いている事がある。
俗に公団ボルトと呼ばれている金具だ。

室内機の設置面コンクリートの為
自由気ままに穴を開けられては何かと
不都合なのだろう。

稀に
どう考えても、エアコンが設置不可能な場所に
公団ボルトが出ている事もある。
そんな時は、笑うしかない。


公団ボルトに使われている全ネジ種類はW3/8だ。
日本ではメートルを使っている・・・にも拘わらず。
計量法でもインチは×となっている?。

様々な理由から、土木・建築ではインチサイズの
工業製品も使われているようだ。

そのため、公団ボルトW3/8となっている。
間違って<M10>を使う事が無いように注意したい。
(M10も最低限の用意はしてある。)


時々
公団ボルト寸切りの寸法が長過ぎ
室内機が設置出来ない事がある。

なので
40mm・50mm・60mmの3種類を常備している。

ところが
40mmでも長い場合が有る。
そんな時は切るしかない。

PM-18

KSK プラマーソー マルチ型 替刃式
切断能力:塩ビパイプ(100mm)鉄管(25mm)
アルミサッシ(50mm角)プラスチック(5mm)

車内に常駐していて、時々出番が回ってくる。
しかし
この寸切りを切るのは実にしんどい
かと言って
1年に1回有るか無いかの作業の為に
グラインダー等を用意するのは・・・。