ニッパー


最初は値段にこだわって、安い物を選んで使っていた。
インシュロックを切る位しか使っていなかったので、十分だった。
ある日、例のごとく紛失し、それでも無いと不便なので見に行った。

そこで見た目にも良さそうなニッパーがあり
痛い出費ではあったが、使ってみる事にした。

使い始めて、驚いた
先ず、服のほつれ糸が軽くスッと切れた。
ハサミでも苦労するのに!!!

室内機プラスチックカバーの配管等を出す
切り欠き部分を苦労してハサミで切っていたものが
スッと切れて、決して周囲が割れない。

試しに2分3分の銅管を切っても、刃こぼれもせず
以後も変わらず、紙もスッと切れる。


工具マニア?の知人に聞くと
切断する工具なら・・・と教えてくれたのが
クニペックスだった。

7401200

KNIPEX(クニペックス)
強力型ニッパー 200mm

プライヤーレンチだけでは無いと知った。


他にも、安くは無いが凄そうなニッパーが各社から出ている。

安物買いの・・・とはよく言ったもので
高価な工具が全て良い工具とは思っていないが
高価な物には理由があると、納得したものだった。